日蓮宗のご説明。大阪のお葬式・葬儀・家族葬は、おまかせください。

24時間365日受付・待機しています

日蓮宗のご説明。

日蓮宗

日蓮宗は、 日本仏教の宗旨の一つ。法華宗とも称する。鎌倉時代中期に日蓮によって興され、かつては日蓮法華宗とも称した。 日本仏教の宗派の一つ。 1872年、政策「一宗一管長」制に基づいて合同した日蓮門下の全門流の宗号。1874年、日蓮宗一致派と日蓮宗勝劣派に分かれ解散。 1876年、日蓮宗一致派が公称を許された宗号です。

日蓮宗の教え

日蓮宗の経典は「法華経」です。 「妙法蓮華経」が用いられています。日蓮聖人の教えは中国天台宗の開祖とされている天台大師智顗の築き上げた仏教体系を基盤にしています。 智顗は「法華経」を最重要の経典として位置付け、彼の「法華経」に関する考えは「法華玄義」「法華文句」「摩訶止観」 という3つの書に示されています。 (これを「法華三大部」という)

日蓮宗は「本門」に重点を置き、「第十六如来寿量品」を「法華経」の中心と定めています。 そしてその最も基本となる教えと実践が 「五義」と「三大秘法」です。

「五義」とは、「法華経」こそが末法の世に生まれたわれわれを救うために説かれた経典であると論証したものです。

「三大秘法」とは「本門の本尊」「本門の戒壇」「本門の題目」をいい、「法華経」本門の教えをより深めるために信仰し、 実践すべき対象を表しています。本門の本尊は「久遠実成本師釈迦牟尼仏」で釈尊のことです。

日蓮宗では、中央に「南無妙法蓮華経」と大書し、 左右に釈迦牟尼仏をはじめ多くの諸仏・ 諸菩薩・諸天善神等の名を記した「大曼陀羅」を本尊の形式としています。

本門の戒壇の、戒壇とは本来仏教の戒律を受ける 施設をさしますが、ここでは「法華経」を受持し、その教えを実践することが戒律であり、その実践の場が、 国や社会という戒壇であるということをしましています。

第三の本門の題目とは、「南無妙法蓮華経」を指しますが、この七文字には奥深い「法華経」の 教えが集約されており、我々を救う働きを示し、 また、これを称えることによって、我々に正しい法華行者としての自覚がもたらされるとしています。

大阪での家族葬・葬儀

大阪での家族葬、葬儀、お葬式のことは、どんな事でも結構です。ご遠慮なくお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。