天台宗のご説明。大阪のお葬式・葬儀・家族葬は、おまかせください。

24時間365日受付・待機しています

天台宗のご説明。

天台宗

「天台宗」は、比叡山延暦寺を開創した最澄を開祖とする仏教の宗派です。
天台宗は、様々な仏教の宗派の原点となりました。
融通念仏宗、浄土宗、浄土真宗、臨済宗、曹洞宗、日蓮宗など、様々な宗派の開祖が、若い僧であった頃に比叡山で修行を行いました。

天台宗の教え

立教開宗中国の天台智者大師が、お釈迦様御一代の教えのうち、最もすぐれた法華経を中心として天台宗をお開きになりました。その後、伝教大師が中国に渡りこれを持ち帰り、日本の天台宗を開かれました。天台宗は、この法華経にもとづく「一乗の教え」を根本として、密教、禅法、戒法、念仏など全てをその実践の法門としています。

 仏教には八万四千もの教えがあると言われていますが、それらは別々な悟りを得る教えではなく、全ては釈尊と同じ悟りに至る方法の一つでもあるのです。例えば座禅でも念仏でも護摩供を修することでも、巡礼でも、写経でも、もっと言えば茶道、華道でも、また絵画、彫刻でも方法はさまざまでいいのですが、そこに真実を探し求める心(道心)があれば、そのままそれが悟りに至る道です。日常の生活にもそれは言えることです。

 多くの開祖を輩出した天台宗が日本仏教の母山と言われるのも、また日本文化の根源と言われるのもこのことからです。そのために天台宗ではお授戒を奨めています。戒を授かるということは我が身に仏さまをお迎えすることです。仏さまとともに生きる人を菩薩といい、その行いを菩薩行といいます。

 心に仏さまを頂いた人たちが手を繋ぎ合って暮らす社会はそのまま仏さまの世界と考えいます。

大阪での家族葬・葬儀

大阪での家族葬、葬儀、お葬式のことは、どんな事でも結構です。ご遠慮なくお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。