臨済宗のご説明。大阪のお葬式・葬儀・家族葬は、おまかせください。

24時間365日受付・待機しています

臨済宗のご説明。

臨済宗

臨済宗とは、中国禅宗五家の一つで、唐の時代の臨済義玄(りんざいぎげん)を開祖とします。日本には、鎌倉時代初期に栄西により伝えられ、曹洞宗や浄土宗、浄土真宗、時宗、法華宗とともに鎌倉新仏教の一つに数えられます。宋に渡来し、臨済宗黄龍派の印可を受けた栄西は、1195年に日本最初の禅道場である聖福寺を博多に建立しました。

臨済宗の教え

臨済宗は「公案(こうあん)」と呼ばれる課題を、坐禅や作務(労働作業)をしながらも常に熟考し、師との激しい禅問答を繰り返しながら、悟り、見性(けんしょう)を目指します。臨済宗は「看話禅(かんなぜん)」「公案禅」と呼ばれています。僧侶は修行によりつちかった「気づき」を、信徒へ示し、仏道へ導きます。

 

公案とは、悟りへ至るための問題。お題。修行時は、師家(禅の指導者=老師)から与えられます。

 

看話禅とは、臨済禅は「悟り体験」を重んじ、本来の自己に気づくことを坐禅の究極目的としています。そのため「話頭(わとう)」を手本として、修行者を悟りへと導きます。すなわち「臨済録(りんざいろく)」や「碧巌録(へきがんろく)」などの古則にしるされた、古人の言行から、独自の悟りを見いだすのが、看話禅です。

大阪での家族葬・葬儀

大阪での家族葬、葬儀、お葬式のことは、どんな事でも結構です。ご遠慮なくお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。