胎児・赤ちゃんのお葬式。大阪市、堺市、松原市、羽曳野市、大阪狭山市、八尾市ご対応

24時間365日受付・待機しています

天使の旅立ちプラン
胎児・赤ちゃんのお葬式



小さな生命の旅立ちを
心込めてお手伝い致します

まだお腹の中にいる胎児や生後間もない赤ちゃんが亡くなってしまうのは、とても悲しい出来事です。

小さな命を失ってしまった悲しみは計り知れませんが、赤ちゃんと、お父さんお母さんの新しい出発のための

お葬式を、心を込めてお手伝いいたします。

天使の旅立ちプランの流れ

1.お迎え

お母さんと赤ちゃんの退院に合わせて

お迎えにあがります。

小さなお棺をお持ちいたします、

赤ちゃんを入れてあげてください。

お花をご用意しますので、

お顔のまわりなどに飾ってあげてください。

お手紙や折り紙、小さなぬいぐるみなども

入れてあげてください。

2.ご安置

お別れの日まで、

①わたくしどもの施設で責任をもって

お預かりさせて頂く

もしくは、

②ご自宅でご安置して頂く

お選び頂けます。

3.ご準備

わたくしどもが代行で死産届(死亡届)を役所に提出、

火葬許可書を受け取ります。

その際に認めの判子(シャチハタ不可)

をお預かりいたします。

4.お別れ

お別れの日の当日に火葬場で最後のご対面になります。

火葬場でのお別れは、

ご焼香でのお別れやお顔見てのお別れなど

火葬場によって異なります。

少しお待ちいただいたあと、

小さなお骨入れにお骨をおさめていただきます。

すべてが終わりましたら、

ご自宅に一緒にお帰りいただけます。

プラン内容

品名
内容
ドライアイス 
ご安置施設
いずれか合計で3日分
(それ以降は追加料金)
役所・火葬場手続き代行
死産届(死亡届)の役所手続き代行火葬場の予約・手配。
お棺
布張りのかわいいお棺 布団付き
(2尺 約60cm)
お花
お別れ用のお花(かご1つ)
お骨壷
白壺白覆い

火葬料金のご案内

◼️大阪市斎場

 ・少人(10歳未満)市民6,000円 市外36,000円

 ・死産児 市民3,000円 市外18,000円

◼️堺市斎場

 ・少人(12歳未満)市民14,000円 市外70,000円

 ・死産児 市民6,000円 市外30,000円

◼️八尾市斎場

 ・少人(12歳未満)市民9,000円 市外36,000円

 ・死産児 市民3,600円 市外14,400円

◼️大阪狭山市斎場

 ・少人(12歳未満)市民5,000円 市外56,000円

 ・死産児 市民4,000円 市外24,000円

◼️富田林市斎場

 ・少人(13歳未満)市内6,000円 市外60,000円

 ・死産児 市内4,000円 市外40,000円

天使の旅立ちプラン詳細のご案内

火葬場の予約について

お母さんと赤ちゃんのご退院日に合わせて、

火葬場を予約いたします。

 

小さなお子様のお骨は残り残りにくいと言われます。

火葬場の職員が丁寧に行いますが、

その場合でもお骨が残らない場合がございます。

 

退院と同時に火葬となりますと、

お母さんには少し大変かもしれません。

翌日か2日後くらいがご負担にならなく

よろしいかと思います。

その間、赤ちゃんはわたくしどもの霊安室で

お預かりするか、

ご自宅でご安置して頂くかになります。

退院の日のこと

ご退院日に病院までお迎えにいきます。

 

お棺をお持ちしますので、

赤ちゃんを入れてあげてください。

お花も一緒にいれられます。

お手紙や折り紙、小さなぬいぐるみなども

あればぜひ入れてあげてください。

ご自宅でご安置の場合は、

ご自宅でお花など入れてあげてください。

 

病院ご出発の時には先生と看護師さんが

お見送りをしてくれます。

死産届(死亡届)について

死産届を役所に提出して火葬許可書を受け取ります。

火葬許可証がないと火葬ができません。

ご退院のときには死産届がないと法律上、

赤ちゃんをお運びすることができません。

 

ご家族が必要事項を記入した上で、

ご家族がお住まいの役所に届けに行きます。

遅くとも火葬日の前日までには

手続きを済ませる必要があります。

 

わたくしどもで手続きの代行もいたします。

預けられる認めの判子(シャチハタ不可)の

ご準備をお願いします。

火葬場での服装について

喪服・礼服をお持ちであれば、

喪服・礼服が好ましいです。

お持ちでなければ、

お父さんは、スーツ

もしくは、黒やグレー、白などの

落ち着いた色目の服。

お母さんは、体調と相談して頂き、

お疲れのでない服装が

よろしいかと思います。

色目は、お父さんと同じように

黒やグレー、白など

落ち着いた色目の服が

よろしいかと思います。

最後のお別れについて

お別れの日の当日は火葬場に集合し、

最後のご対面をいたします。

 

赤ちゃんをお見送りしたあと、

お骨を拾いのお時間をお伝えします。

 

小さいお骨入れをご用意いたしますので、

お骨をおさめます。

すべてが終わりましたら、

ご自宅に一緒にお帰りいただけます。

お寺さま(宗教者)について

まだ生まれていない胎児や出生後間もない赤ちゃんの

お葬式は、非常につらいものです。

胎児や赤ちゃんのお葬式は、

行っても行わなくても問題ありません。

愛する子を亡くした両親の気持ちを尊重し、

一番幸せな送り出し方が良いと思います。

ご家族で、赤ちゃんとの時間を

ゆっくりと過ごされる方が多くいらっしゃいます。

お父さん、お母さんのお気持ちが落ち着かれた後に

お寺さま(宗教者)にお勤めをお願いされても

よいかと思います。

 

お寺さまのお手配が必要な場合は、

ご遠慮なくお声掛けください。

お母さんのお腹の中で旅立った赤ちゃんの
ご葬儀について[コラム]

少しでもお母さん、お父さんのお役に立てればと死産となった赤ちゃんの見送りについて、必要な手続きや火葬、葬儀のことをメインにより詳細にご案内しています。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。