真宗(大谷派)のご説明。お葬式・葬儀・家族葬は、おまかせください。

24時間365日受付・待機しています

真宗(大谷派)のご説明。

真宗(大谷派)

浄土真宗の一派である真宗大谷派は、親鸞聖人が確立した宗派で、「他力本願」を教えとしています。鎌倉中期に浄土真宗を開いた親鸞(しんらん)を宗祖とする仏教宗派です。総本山は京都市下京区の烏丸七条の東本願寺です。修行によるのではなく、お念仏で阿弥陀仏への感謝を称えて極楽往生を果たすという「他力念仏(たりきねんぶつ)」の教えが特徴です。

真宗(大谷派)の教え

浄土真宗の教えの根源となる聖典は、親鸞聖人が記した「教行信証」です。
親鸞聖人は「大無量寿経」を真実の経と考え、阿弥陀如来の願いを「他力本願(たりきほんがん)」としました。
「南無阿弥陀仏」と唱えて阿弥陀如来を信じることで、阿弥陀如来が極楽浄土に導いてくださり、生きている間は念仏を唱えて阿弥陀如来の御恩に報いる生活を送りましょう。
極楽浄土へは、現世での行いや考えでいけるものではなく、他力(阿弥陀如来の力)によって導かれる、たとえ悪人であったとしても「南無阿弥陀仏」と唱えることで阿弥陀如来の本願によって極楽浄土にいける、ということです。

浄土真宗(本願寺派)との違い

ご作法で違いが少しあります。分かりやすい違いは、お念仏を唱える際、真宗大谷派では「南無阿弥陀仏」を「なむあみだぶつ」と読みますが、本願寺派では「なもあみだぶつ」と読むという違いがあります。

大阪での家族葬・葬儀

大阪での家族葬、葬儀、お葬式のことは、どんな事でも結構です。ご遠慮なくお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。