胎児・赤ちゃんのお葬式。大阪市、堺市、松原市、羽曳野市、大阪狭山市、八尾市ご対応

24時間365日受付・待機しています

お母さんのお腹の中で旅立った赤ちゃんのご葬儀に
ついて
vol.1死産とは

お母さんのお腹の中で旅立った赤ちゃんのご葬儀についてvol.1 死産とは

誕生を心待ちにしていた赤ちゃんを亡くすことは、ご両親や家族にとって大きな悲しみと思います。そのような心情の中で、役所への手続きや火葬などを進めていかなければなりません。

お母さん、お父さんにとっては望んでもいなかったことですから、何をどのようにすればいいのか分からないことと思います。

少しでもお母さん、お父さんのお役に立てればと死産となった赤ちゃんの見送りについて、必要な手続きや火葬、葬儀のことをメインにご案内していきます。

 

①死産とは

死産とは、母親のおなかの中の赤ちゃんを死亡した状態で出産することです。

法律上は「妊娠12週(4ヶ月)以降の亡くなった赤ちゃんの出産」を死産と定義していますが、日本産婦人科学会は、妊娠22週未満を流産、22週以降を死産としています。

 

法律上の定義、つまり「妊娠12週以降の亡くなった赤ちゃんの出産」の赤ちゃんのご葬儀についてコラムを更新してしていきます。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。