真言宗のご説明。大阪のお葬式・葬儀・家族葬は、おまかせください。

24時間365日受付・待機しています

真言宗のご説明。

真言宗

真言宗は弘法大師空海が宗祖です。平安時代に空海が中国へ渡り、長安の青龍寺で密教の恵果和尚から法を授かりました。その密教を日本に伝え、京都の神護寺や東寺、和歌山の高野山を拠点に、国内でその教えが広まる過程で、真言宗とか真言密教と呼ばれるようになり今日に至っています。
 真言宗には18の本山があり、およそ同じ数の宗派があります。例えば高野山真言宗や真言宗智山派、豊山派、醍醐派などです。いずれも宗祖は弘法大師空海、お大師さまです。また四国八十八ヵ所霊場のお寺の多くは真言宗の寺院です。全国各地の様々な霊場を訪れて参詣することを巡礼とか巡拝といいますが、四国霊場を巡る時にはお遍路といいます。

真言宗の教え

真言宗の教えは大日如来によって説かれ、宗祖・弘法大師がそれを体験して真言宗の教えは大日如来によって説かれ、宗祖・弘法大師がそれを体験して広めたものであります。その教えの中心となるのが、即身成仏です。これは今までの宗派が、人間が悟りへの心(菩提心)をおこして修行しても、数えきれないほど長い時間をかけなければ成仏できないと考えていたのに対し、今現在生きているこの身のまま成仏できるというものです。それは、大日如来を自分自身の中に確認し、それと一体となることです。つまり、仏と自分とが一体になった状態こそ即身成仏ということです。そのような生活ができるように、真言行者は身と口と心の修行である三密行実践するのであります。広めたものであります。その教えの中心となるのが即身成仏です。これは今までの宗派が、人間が悟りへの心(菩提心)をおこして修行しても、数えきれないほど長い時間をかけなければ成仏できないと、考えていたのに対し、今現在生きているこの身のまま成仏できるというものです。それは、大日如来を自分自身の中に確認し、それと一体となることです。つまり、仏と自分とが一体になった状態こそ即身成仏ということです。そのような生活ができるように、真言行者は身と口と心の修行である三密行実践するのであります。

大阪での家族葬・葬儀

大阪での家族葬、葬儀、お葬式のことは、どんな事でも結構です。ご遠慮なくお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。