家族葬ホールいこい

臨済宗の基本情報やお葬式マナー、宗派の見分け方。松原市地域密着の葬儀場 家族葬ホールいこい

24時間365日受付・待機しています

臨済宗の基本情報やお葬式マナー、宗派の見分け方。松原市地域密着の葬儀場 家族葬ホールいこい

臨済宗の基本情報やお葬式マナー、宗派の見分け方。松原市地域密着の葬儀場 家族葬ホールいこい

2023/01/23

臨済宗の基本情報やお葬式マナー、宗派の見分け方。

臨済宗は、中国禅宗五家のひとつで、日本へは鎌倉時代に栄西(えいさい)によって伝えられます。浄土宗や曹洞宗、浄土真宗らとともに、鎌倉新仏教のひとつとして数えられ、鎌倉幕府二代将軍の源頼家の支援を受けて広まりました。
自らの座禅によって悟りの境地へと至る〈自力〉の考えをもち、誰でもひたすら座禅をすればお釈迦さまと同じように人の尊さに気づけるといわれています。また、「看話禅(かんなぜん)」「公案禅」と呼ばれる座禅は、人と向き合う対面式で師と弟子が問答を繰り返します。
臨済宗には決まった本尊がなく、経典も定められているものはありません。般若心経や大悲呪(だいひしゅう)などが、よく読まれているようです。 唱える念仏は「南無釈迦尼仏(なむしゃかにぶつ)」。こちらは、お釈迦さまに帰依することを意味しています。
●お葬式の特徴
亡くなった人を仏の弟子にする授戒と、仏性に目覚めさせて仏の世界へ導く引導の儀式が中心。引導では僧侶が「喝!」と叫び、故人の魂を旅立たせます。また、「山頭念誦」「鼓ばつ」と呼ばれる、故人の成仏を願って「往生咒(おうじょうしゅ)」を唱え太鼓を打ち鳴らす儀式も特徴のひとつです。
●お葬式マナー
焼香は押しいただかず1回。線香は1本を香炉の中央に立てます。
●見分け方
釈迦牟尼仏を表す梵字「バク」や「空」が戒名の先頭に入る場合があります。
仏壇では、中央に釈迦牟尼仏をお祀りします。右側に中国禅宗の開祖である達磨大師の掛け軸を、左側には観世音菩薩の仏像や花園法王の掛け軸を飾ることが多いようです。

 

家族葬ホールいこいは、松原市役所すぐ近くにある家族葬専用の葬儀会館です。家族葬に特化した価格が安い葬儀プランでご案内しています。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。