家族葬ホールいこい

浄土真宗の基本情報やお葬式マナー、宗派の見分け方。松原市地域密着の葬儀場 家族葬ホールいこい

24時間365日受付・待機しています

浄土真宗の基本情報やお葬式マナー、宗派の見分け方。松原市地域密着の葬儀場 家族葬ホールいこい

浄土真宗の基本情報やお葬式マナー、宗派の見分け方。松原市地域密着の葬儀場 家族葬ホールいこい

2023/01/14

浄土真宗の基本情報やお葬式マナー、宗派の見分け方。

浄土真宗は、浄土宗の分派で、法然の弟子である親鸞聖人(しんらんしょうにん)が鎌倉時代の初期に開宗。本尊は「阿弥陀如来」で、経典は「浄土三部経(阿弥陀経、無量寿経、観無量寿経)」。唱える念仏は「南無阿弥陀仏」です。このように浄土宗と浄土真宗は基本的な部分は同じなのですが、親鸞は浄土宗の教えをさらに発展させています。例えば、〈念仏を唱えることで誰もが極楽浄土に行ける〉と説く浄土宗に対し、浄土真宗は〈阿弥陀仏の救いを信じるだけで往生できる〉と教えています。
また、浄土真宗は真宗十派といわれる10の宗派に分かれ、東本願寺を本山とする「真宗大谷派」と西本願寺を本山とする「本願寺派」という二大宗派があります。
●お葬式の特徴 
別れを告げる式である「告別式」を行いません。また、死後に仏弟子になる概念がないため戒名や授戒がなく、仏法への帰依を表す「法名」をもらいます。
●お葬式マナー 
お香を押しいただかず、つまんだまま香炉へ焚きます。本願寺派は〈1回〉、大谷派は〈2回〉です。線香は1本を香炉の幅に合わせて折り、寝かせてお供えします。
●見分け方 
法名として男性は「釋」「釈」、女性は「釋尼」「釈尼」をつけます。位牌をつくらないので、仏壇には法名軸や過去帳が飾られます。 また、大谷派か本願寺派かは仏壇に祀ってある阿弥陀如来の掛け軸で判別でき、後光の数が〈8本〉だと本願寺派、〈6本〉は大谷派になります。 

 

家族葬ホールいこいは、大阪府松原市にある家族葬専用の葬儀会館です。貸切ホールですので、どなたにも気遣いすることなくお過ごししていただけます。

低価格な葬儀費用でご案内しています。随時、生前相談や無料お見積もり受付していますので、ご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。