家族葬ホールいこい

日蓮宗の開祖「日蓮」松原市地域密着の葬儀場 家族葬ホールいこい

24時間365日受付・待機しています

日蓮宗の開祖「日蓮」松原市地域密着の葬儀場 家族葬ホールいこい

日蓮宗の開祖「日蓮」松原市地域密着の葬儀場 家族葬ホールいこい

2022/11/27

日蓮宗の開祖「日蓮」ってどんな人?

日蓮聖人は、鎌倉時代中期に活躍した僧で、今日の日蓮宗の開祖にあたる人物です。貞応元年(1222)、安房(現、千葉県)に生まれた日蓮聖人は、鎌倉・京都などで修行を積み、建長5年(1253)、故郷に帰って、法華経信仰の布教を始めます。その布教の姿勢が、純粋に釈尊の教えを求めようとするものであったため、他の宗派との間に軋轢を生じました。また『立正安国論』に代表されるような幕政批判を行ったことで、鎌倉幕府から激しい弾圧を受けました。しかし、日蓮聖人は不屈の精神でこれを乗り切り、自らの主張を貫き通しました。弘安5年(1282)、日蓮聖人は61歳の波乱に満ちた生涯を終えますが、その信仰は弟子たちによって広く弘められ、今日の隆盛をみます。

 

家族葬ホールいこいは、松原市の地域密着の葬儀会館です。家族葬に特化した一日一組限定の貸切ホールなのでご家族だけでゆっくりと故人さまをお見送りしていただけます。松原市の家族葬・葬儀は家族葬ホールいこいにおまかせください。低価格な葬儀費用でご案内してきます。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。