家族葬ホールいこい

浄土宗の開祖「法然」 松原市地域密着の葬儀場 家族葬ホールいこい

24時間365日受付・待機しています

浄土宗の開祖「法然」 松原市地域密着の葬儀場 家族葬ホールいこい

浄土宗の開祖「法然」 松原市地域密着の葬儀場 家族葬ホールいこい

2022/10/26

タイトル

法然(1133-1212)は平安時代末期から鎌倉時代の僧侶です。「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えれば救われるという「専修念仏」の教えを説き、日本の仏教の宗派のひとつ、浄土宗を開きました。しかし、その人生は父を殺害された幼少期から、理想の教えに辿り着けず苦悩した青年期、既存の仏教勢力からの反発を受けた晩年と、苦難の連続でした。この記事ではその教えや、影響力、苦悩と波乱に満ちた生涯について紹介しています。

法然は、現代の日本でも多くの信者がいる浄土宗の開祖です。念仏を唱えることで救われるという「専修念仏」の教えを説き、民衆に広く支持されました。学識も高く、庶民だけでなく貴族や武士、天皇までもが法然に心酔しています。
しかしその人生は生易しいものではなく、苦難の連続でした。幼い頃に父を殺害されますが、当時の世の中では異例とも言える仇討ちを戒める遺言を受け取りました。この遺言と、父が死の間際に唱えた念仏が法然の人生を決定づけたと言われています。そして、人々を救いたいという志を抱き仏門に入り、苦難の日々の中、今日まで残る浄土宗の教えを見出していきます。

法然の生きた時代は保元の乱(1156年)、平治の乱(1159年)という戦が立て続けに起き、大地震や飢饉にも襲われ、民衆は絶望の底にいました。また、釈迦の入滅後、時代とともに仏の教えが衰え、乱世になるという「末法思想」も、当時の人々の間で広がっていました。

そんな「末法の世」の中で、ただ念仏を唱えるだけで救われるという教えは、出家して修行したり、寺社に寄進したりすることのできない庶民に広く支持されました。当時の日本で、限られた一部の人のためであった仏教が、民衆へと広まるきっかけとなったのです。
浄土真宗の開祖となる親鸞も、法然の薫陶を受けています。鎌倉時代に隆盛したその他の仏教も、出家せずとも救われるという教えは共通していて、法然が鎌倉仏教の先駆けとなったと言えるでしょう。そんな法然に対しては既存の仏教勢力からの反発も強く、晩年には流罪も経験しています。

 

家族葬ホールいこいは、松原市の中心部にある家族葬専用の葬儀ホールです。1日1組限定の貸切ホールですのでご家族団らんで故人さまをお見送りして頂けます。低価格の葬儀プランをご準備していますので、ご気軽にお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。